未分類

仮想通貨投資は英語ができたほうが有利なのか

投稿日:

皆さんは、普段はどのようにして仮想通貨の知識を集めているのでしょうか?
おそらく、多くの方は「日本語」を使っていますよね。
日本人なので当然だとは思いますが。
ですが、もっと多くの知識を集めたいという場合に、英語があった方が有利に働くのでは?と疑問に感じる人も多いと思います。
今回は、そんな方のために、「仮想通貨は英語ができたほうが有利かどうか」を解説します。

結論から言います。有利です。
これは、仮想通貨に限った話ではありません。
どんな学問でも、趣味であっても、「英語ができたほうが有利」です。
それはどうしてかと言うと、英語の方が圧倒的に数が多いのです。

では、百聞は一見にしかず…ということで、実際に試してみましょう。
「Bitcoin」と検索して出てきた総ページ数と
「ビットコイン」と検索して出てきた総ページ数とを比較してみてください。
私が見ている時ですが、「約10倍の差」があります。
10倍ですよ?凄いですよね。

このように、英語ができるだけで、こんなにも得られる知識が増えるのです。これは、英語ができたほうがいいですよね。

ですが、こんな事を思う方もいると思います。
「英語なんてちょっと敷居が高い…」と。
確かに、学生時代は英語を一から勉強するのは少し面倒くさいですよね。
中高生の頃にある程度はやっているとは思いますが、もう社会人になっている方などは特に、忘れてしまっている部分も多いと思います。
ですが、「英語で情報を得る」というのは、必要最低限の英語力があれば可能なのです。

高校卒業クラスの英語(センター/共通テストレベル)を読む力があれば理想ですが、最低でも中学英語があれば問題ないと思います。
皆さんは、英語の試験で辞書は使ったでしょうか?
おそらく、ほとんどすべての人は使わないですよね。そんなことしてはいけません。
教科書を隣に置くのもダメですよね。
ですが、ネットで英語を読む場合はそれをしてもいいし、「カンニングし放題」なんです。
Google翻訳を使えば、最低限の文法の知識と単語の知識さえあれば、読解は可能です。

そして、出来れば仮想通貨独特の英単語は覚えてしまう方が良いと思いますが、そんなに敷居を高く感じる必要はありません。

また、4技能(読む聞く話す書く)が必要なのではなく、単純に読めればいいだけなので、その点でも楽だと思います。

今回は、「仮想通貨投資は英語ができたほうが有利かどうか」を解説しました。
高い英語力が必要とされるわけではないので、ぜひ皆さんも英語を活用してみてください。

-未分類

Copyright© 自宅でできる!ネットビジネス!|副業口コミサイト , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.